異文化の人々とも積極的に交流して

留学などの詳しい語学情報はコチラ

もし留学するとしたら

私がこれから留学するとしたら語学は勿論の事、異文化の人々とも積極的に交流して日本人とは異なる考え方、特に労働環境とセーフティネットについてを積極的に学びたい。
と言うのも「これからは国際化社会」と少し前から叫ばれ続けているが私個人としては一部の上流階級の人々にとって都合のよい部分しか国際化と叫ばれていないような気がしてならないからである。
例えば「成果主義」や「リストラ」等がその最たる例であるといえよう。
日本の労働環境について詳しく紐解いてみると「成果主義」や「リストラ」は明らかに日本の労働文化とは合わないし、唯でさえ劣悪な労働環境が更にひどくなりかねないことは誰が考えても明白である。
リストラをチラつかせ、成果主義の名の元に過酷な労働を強いられて、だが辞めると家族が路頭にさ迷うことになるから辞められずに雇用の流動性は非常に低い。
社会もそういった人には冷たく、浮浪者を暴行した疑いで逮捕された少年が報道されたことも記憶に新しい。
その点、海外はどうなのか。
海外社会は合理的である。
使えない・上司とノリが合わなければすぐに首であるがその分雇用に流動性がある。
ちゃんとしたセーフティネットもあって浮浪者に暴力を振るうような若者もほとんどいない。
これはどちらが幸せなのだろうか。
私は留学するならこうったことに注目し、学んでいきたいと思う。

語学でも話題の留学についての話はすぐわかるこのサイトがお勧め


under_col (C)2017語学力を活かせる仕事〜留学経験者に人気の就職先〜.All rights reserved.